助産院といった施設や治療で安心出産に臨む|ニューベビーを迎える

先生

気をつけて安全出産

妊婦

無事に子供を生むために妊婦は気をつけるべきことがたくさんあります。特に臨月になるとこれまでとは胎児の様子も自身の体調も変わってきますし、出産に向けて色々と身の回りの準備をしていかなければなりません。お腹が大きくなってから準備をするのは辛いこともあるので、できるだけ周囲の人に手伝ってもらうか事前に準備をしておくと良いです。気をつけるべきことはインターネットや周囲の人からもいろんなアドバイスをもらうので準備万端にできます。臨月の体調に関しては医師に相談するのが一番なので、ちょっとした体調の変化でもすぐに相談しましょう。特に高血圧になることは危険性が高いので、妊婦は普通の人以上に体調に気をつけなければいけません。

臨月の妊婦が気をつけるべきことがいくつかあります。まずは食べ過ぎです。子宮が下がるといままで胃が胎盤や胎児で圧迫されていたのが変化し、苦しくなくなっていきます。そうなると食欲も湧いてくるのですが、この時の食べ過ぎに注意すべきなのです。一気に食べ過ぎて太ってしまうことは余計な脂肪がついてしまうことを指します。脂肪が増えてしまうと妊娠高血圧症候群の原因にもなってしまうのです。さらに、子宮や膣、おしり周りに脂肪がついてしまうとその分胎児の通り道が狭くなるのも考えものです。また、臨月の際は絶対に旅行も避けましょう。ちょっとした外出の際にもいつ生まれてもおかしくないように健康保険証や母子手帳など携帯すべきものを知っておいて準備すべきです。