助産院といった施設や治療で安心出産に臨む|ニューベビーを迎える

先生

排卵に障害がある場合

お医者さん

タイミング法という方法を使ってまず不妊治療は行なわれます。人には妊娠しやすい、しにくい体質というものがありますが、タイミングを図らなければうまく妊娠することができない人も存在しているのです。排卵誘発剤が使われるのはこのタイミング法の中で、医師の指導によって性生活を行なってもなかなか妊娠することができない場合に適用されます。薬を適用することになるのでどのような副作用があるかもしっかりと把握し、健康状態を整える必要があります。ホルモンバランスを変えるものになるので少なくとも体調は変化することになります。また、摂取の仕方についても種類があるので自分の体調や生活に合わせた使い方をしていきたいものです。

私達の身体はホルモンによってバランスが取られています。精神状態や自律神経などもそうですが、生殖機能を動かしていくのもこのホルモンが助けとなっているのです。排卵しやすい体質にしていくためには卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモンといったホルモンに働きかける必要があります。妊娠しにくい人はこの卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの動きが鈍くなっている可能性があるので、なかなか排卵予定日に性生活を営んでも妊娠しない場合は排卵誘発剤を利用すべきです。黄体機能不全や排卵障害であると診断された場合は飲み薬か注射で排卵誘発剤を使いますが、より効果を感じたいという人は注射が適しているといえます。効果もある代わりに注射で注入する排卵誘発剤からは副作用も強く受けることになるので、体調に気をつけた使用が必要です。